勝つために必要なのは運動神経だけではありません。

リヴトラストのスタッフブログです。
ここ最近は運動会の話題しかご紹介してないので、まるで運動会ブログのようになってしまっていますが、リヴトラストのイベントは運動会だけではないですよ!
写真がたくさんあるのでついつい運動会の紹介に熱が入ってしまいます。

綱引きも終わり、体をつかう競技は一旦休憩です。
次は頭を使いましょう!
ということで、次の競技は運動会でも珍しい(?)○×クイズです。

2択だからといって簡単には正解できない問題を選別しています。

DSC_0966○×クイズ

DSC_0973○×クイズ

DSC_0980○×クイズ

さて、今回使った問題とは関係ありませんが、いくつか問題をお出ししましょう!

【Q】引越しそばは食べるのではなく近所に配るものである。

日本では年越しや引越しの際にそばを食べる習慣がありますよね。
どうして「そば」なのか…その理由を考えたことはありますか?

この問題の答えは……

「○」です。

この理由には諸説ありますが、有名なものだと、そばの長い麺から「長生き」という願いを込められ食べられているそうです。
また、縁起のいい食べ物だから、歯切れのいいそばは「悪い縁を切る」といわれているから、等の説があります。

【Q】「ピーマン」と「パプリカ」の違いは色である。

答えは……

「×」です。

ピーマンもパプリカも、見た目は似ていますね。
ぱっと見て気が付く違いはやはり色…と思いがちですが、実は形と大きさが違います。
ピーマンは小さく細長く、パプリカは大ぶりで肉厚です。

言われてみれば…といった感じでしょうか。
食べ物ネタばかりでしたが、○×クイズは大勢でやると面白いゲームです。

【問題はマルバツクイズ10問。面白い問題を用意しました|総合レビューサイトより】


2017/03/05~2017/03/11のツイッターまとめ

  • リヴトラストのスペシャルセミナーを明日、開催いたします。不動産投資を国内だけで考えるのはもったいない!今回は国内×国外の不動産投資コラボセミナーです!中でも今回は驚愕の利回りを誇るラオスの不動産を紹介します。https://t.co/pft9SnISBh 16:49:53, 2017-03-10
  • 定期的に開催しているリヴトラストの不動産セミナーは初心者の方におすすめです。ゆとりあるセカンドライフを見据えマンション経営をはじめませんか?「マンション経営って?」「節税対策って?」…初心者だからこそのご質問にも丁寧にお答え致します。https://t.co/eeS2QUiz8j 14:34:41, 2017-03-07
  • マンション経営の節税に関してのご相談は、ぜひリヴトラストまでお問い合わせください。より詳しい情報を得られる無料のセミナーも開催しておりますので、ぜひご参加ください。 17:45:10, 2017-03-06
  • マンション経営は、お店の経営と違って収入と費用が安定しているのが魅力ですが、ひとたび火災や災害などで設備に損害を受けると、臨時に多額の費用が掛かります。もしもの時のためにお金を貯蓄しても経費になりませんが、保険ならば備えをしながら経費になるので節税効果もあります。 17:42:46, 2017-03-06

綱引きは体勢にコツがある

リヴトラストのスタッフブログでは、リヴグループで行われるイベントの様子を紹介しています!
本日は、前回に引き続き運動会の綱引きの様子をお届けします♪

綱引きには、女性社員ももちろん参加しています。
男性社員戦では迫力がありましたが、女性社員も負けていません。
男性社員のパワー戦も見物でしたが、女性特有の繊細さや底力でしょうか、女性陣のやる気でいっそう白熱しました。

DSC_0915綱引き

懸命に綱を引っ張る女性陣も頼もしいですね。
手のひらの傷みに耐えながらも、両チーム大健闘でした。

さて、男子戦・女子戦で終わらないのがリヴトラストの運動会です。
最後は男女混合戦です!

DSC_0934綱引き

男性社員のパワーと、女性社員の綿密なコントロールで勝利を目指します!

綱引きでは、体は正面へ向け、両肩は同じ高さにするとよいそうです。
足も正面を向け、肩幅に開くと尚良し。
さらに上を向いて綱をひくことで自然に後ろへ体重がかかり、身体全体で綱を引くことができる…といわれています。

突然そんなことを言われてもその通りにはできないものですよね。
今回も綱が左右に揺れたり、引っ張られたりで正面を向くことがなかなか難しかったです。

これから綱引きをやる機会があるという方は、始まる前にすこし練習しておくとよいかもしれません。

DSC_0948綱引き

綱引きは、勝ったときの「皆で勝てた感」がたまりませんね。
しかし全身の筋肉を使うので、筋肉痛には要注意です!

リヴトラストにも筋肉痛に悩まされる社員がいます。
頑張った証拠ともいえますが、やはりつらそうです。

ストレッチや血行促進を行い、早く治してしまいましょう!


2017/02/26~2017/03/04のツイッターまとめ

  • 賃貸では、最近はインターネット設備を重視する入居者が多いようです。ワンルームマンションは単身赴任の方や一人暮らしの方、学生などの若年層がターゲットになりやすいためです。入居者の物件選びの条件は立地の良さだけではないため、“オプション”についてもニーズに応える努力が必要です。 19:13:32, 2017-03-03
  • 不動産投資とはその名の通りアパートやマンションを購入し家賃収入を得たり購入した物件の価値が上がった時に売却しその差額で利益を得たりするなど利益を得るために不動産に投資することです。ご自身の大切なお金を扱いますので不動産投資会社選びではご自身が納得できる会社にお願いすると安心です。 19:06:16, 2017-03-03
  • マンション経営をされている方、これからしようと考えている方にとって気になることは収益がでるのだろうかということです。いま注目されているのが賃貸経営で長期間にわたり家賃収益を受け取るスタイルです。お給料のように安定した収益を得ることが可能です。 11:43:19, 2017-02-28

2017/02/19~2017/02/25のツイッターまとめ

  • 本日19時より開催のリヴトラストの不動産投資セミナー。不動産投資に取り組むうえでやはり気になるのは成功例・失敗例ではないでしょうか。その違いについて、不動産に精通する弁護士・税理士の先生からお話しいただきます。残り2席空いております!https://t.co/b2hkovPUIO 16:36:38, 2017-02-21

綱引き~男性社員編~

リヴトラストの運動会の紹介まだまだ行きます!
次の種目はチーム一丸となって力試しをする「綱引き」です!
一人の力だけでは勝てません。全員が全力を出すことが勝利への第一歩!
どの団体競技でもそうですね。

DSC_0886綱引き

まずは男性社員の部。
皆が一緒になって縄を引っ張る姿や楽しそうに協議に臨む顔が良いですね。
既に多くの競技を行っているにもかかわらずパワーにあふれています!

前回のブログでドッジボール協会なるものがあるとご紹介したことをご存知でしょうか?
実は…綱引きにもありました。
日本綱引連盟という所が日本の綱引き競技を管轄しているようです。
綱引きの正式なルールでは、選手8人と交代要員2人が選手として出られるようです。

リヴトラストの運動会では人数は関係ありませんが、公式は割と人数が少ない印象です。

公式ルールではお尻を床につけてしまったら反則となります。
また、一番後ろの人は体に綱を巻き、「アンカー」と呼ばれるとのこと。
反則や一番後ろの人については私たちがやる綱引きでもおなじみですね。

さらに勝敗を分ける基準として、「4メートル引っ張ると勝ち」というルールがあるようです。

審判の両脇にカラーコーンが置いてあって、綱の中心についたマークがコーンの位置まで引っ張られたら勝ち…というものばかり個人的には見てきましたが、この距離が4メートルなのでしょうか?
明確な距離は初めて知りました。

さらに反則の中には、綱の持ち方が違うだけでも反則になります。
公平性を保つためでしょうか。細かく定められているようです。
綱の握り方が規則と違う場合や、綱が体と二の腕の間にない且つ腰より下に綱が来てしまった場合は反則のようです。

DSC_0895綱引き

リヴトラストの運動会は公式戦ではないので厳しいルールはありませんが、一度公式ルールに則ってやってみるのもおもしろそうですね!


2017/02/12~2017/02/18のツイッターまとめ

  • 先日のリヴトラストの不動産投資セミナーでは税金対策をテーマにお話いたしました。明日のスペシャルセミナーでは、保険継続率業界トップのFPを講師にお呼びして、保険と不動産投資のコラボセミナーを開催します!https://t.co/FYsbf8gmuO 15:01:18, 2017-02-17
  • 不動産投資では年齢や今後の人生プラン、資金などによってご提案内容が異なります。リヴトラストでは一人ひとりのライフプランに合ったご案内をご用意しています。ご自身に合った投資内容でマンション経営を行いましょう。 12:21:41, 2017-02-16
  • リヴトラストの不動産投資セミナーのお知らせ■2017年は所得税や住民税がさらに上がり高所得者の税負担が一層大きくなります。そんな税金対策に一役買ってくれるのが不動産投資。まずはお話だけでもいかがでしょうか?2/16 19時~開催です。https://t.co/HvHjs3tezR 18:12:59, 2017-02-15
  • 不動産は立地や設備の仕様などが価値を左右し、マイホームであれば住み心地がいいものを選ぶのも合理的ですが、マンション経営を行う場合は投資効率(コストパフォーマンス)も重要な要素です。リヴトラストでは、長年積み重ねた実績と経験でお客様のライフプランに合ったご提案をさせていただきます。 17:30:52, 2017-02-15

ドッジボールはキャッチ重視

リヴトラストの社員が参加するリヴグループの運動会、次の種目はドッジボールです!
休み時間を使ってやった小学生の頃が懐かしいです。

DSC_0851ドッジボール

大人になってから遊ぶドッジボールも子供時代の懐かしさを感じるドッジボールと同じ・・・と思っていませんか?
大人のドッジボールは、子供のときとは違うスリルがあります。
迫力も違いますし、ボールのスピードも、体力も。
もちろんいい意味でも悪い意味でも。

子供の頃よりも体力が落ちているなんてこともあります。
すぐバテてしまわないように余力の調節が必要です・・・

ドッジボールはお遊びのイメージが強いですが、全国大会などもあるれっきとした“競技”なんです!
JDBAというドッジボール協会で紹介されている公式ルールでは、ラインを踏まないこと・内野同士や外野同士のパスは禁止などが定められています。
ボールを取ってから5秒以内に投げなければいけないというルールもあります。
ボールを取ってから悩んではいられません。

ドッジボールで勝つためのコツは、やはりキャッチの精度を上げることです。
避けるだけでは勝つことのできない競技です。
ボールをキャッチして、攻撃をしなければなりません。

DSC_0866ドッジボール

うまくボールをキャッチするには、正面に来たボールをお腹と胸と両手で包み込むようにすると取りやすいようです。
さらに無理にボールを取りにいかないこともコツといえそうです。
正面以外のボールは取り損ねてしまう可能性が大きいので、ひたすら避けましょう!

攻撃する時は足下か肩口が狙い目といわれています。
キャッチできない部分を狙うことが大切です。

ちなみに、JDBAには日本代表応援グッズが売っていたりします。
Tシャツやタオルは使い勝手がよさそうです。
しかもTシャツのカラーバリエーションが多い。
全11色と他に類を見ないカラーバリエーションを展開しています。

ドッジボール日本代表には一般の競技者でもチャンスがあるようです。
書類選考や実技・面接審査を通れば代表候補になれるようです。
日本代表になるにはドッジボールが上手なだけではだめなのですね。
書類選考や面接の内容が気になります。

本格的なドッジボールではありませんが、こちらの運動会も盛り上がりは全国大会並みです!
リヴトラストの社員も普段することのないドッジボールを楽しんでいました。
まだまだ運動会の紹介は続きます!


2017/02/05~2017/02/11のツイッターまとめ

  • 不動産投資は、サラリーマンにも適した副業です。ローンを組んで購入すれば毎月の家賃収入が見込めます。
    またローン返済が終われば、家賃収入をそのまま手に入れることができるようになります。 12:23:03, 2017-02-08
  • マンション経営におけるサブリースのメリットは、管理業務やトラブル対応、家賃保証などを一括して不動産会社が行う点にあります。一定の管理手数料を不動産会社側に支払うことによって、誰でも安心してマンション経営行うことが可能となります。ご不明な点はリヴトラストまでお問い合わせください。 18:02:11, 2017-02-07

ぐるぐるバッド再び

リヴトラストのスタッフブログです!
障害物競走って、アイデア次第で色んな事ができるんです。
という話を前回ご紹介しました。

今回はリヴグループの運動会で使用された障害物の前回からの続きを紹介します。

まずはこちら。

DSC_0708障害物競走

あずきを箸でつかむ、難易度の高いゲームです!
お皿に広げられたあずきをすべてコップに入れていきます。
あずきがつるつる滑って本当につかみにくい・・・
難易度が高めです。

丁寧に箸で挟めばうまくいくのですが、ひとつ落としてしまうと何故かその後もうまく掴めなくなるという負の連鎖が待っています・・・
器用な方が本当にうらやましいです。
写真からもチャレンジャーの真剣なまなざしが伝わってきます。

DSC_0712障害物競走

次は網くぐりです。
網が体に絡みつき、十分な障害になります。
ただ網をくぐるだけなのですが、これがなかなか難しい。
ほふく前進に近い恰好で進む人がいたり、とにかくスピードを重視するために腰を曲げた格好で進んでみたり。頭がいいですね。
中にはこんな人も。

DSC_0782障害物競走

仰向けで網の中を進んでいます!
背中を滑らせ足の力で進む・・・画期的な方法です。
網くぐりひとつをとってみても、人それぞれ個性がありますね。

最後にご紹介する障害物はこちら。

DSC_0722障害物競走

ぐるぐるバッドです。
どこかで見た覚えがあるかもしれません。

実は、去年の運動会でも使いました。
去年の様子は「ぐるぐるバット|リヴトラストスタッフブログ【不動産投資・マンション経営】」でご覧いただけます。

今回も回ります。それはもうぐるぐると。
回りすぎると転倒して動けなくってしまう危険もあります。
チャレンジする皆さんはお気をつけ下さい!
必要回数回ったあとは、どこに向っていくべきなのか一度確認してから走り出しましょう!

リヴトラストの社員も大健闘の運動会のご紹介はまだまだ続きます!